豆知識

奥歯のかぶせものについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

奥歯の治療の流れと材料による違い

奥歯治療(かぶせもの)の流れ

①虫歯を削ります※麻酔をすることもあります

②必要に応じて神経を取り除きます※数回の来院が必要な場合があります

③型をとります※土台を立てる場合は2回ほど型をとります

④技工所で装着物を制作します※来院の必要はありませんが、1週間以上お待ちいただく場合もございます。

⑤装着します

「かぶせもの」の治療に使用する素材

セラミック

お皿につかう陶材を歯科用に加工したもので、
色が白く、審美性に優れ、大変美しく仕上がります。

ゴールド

多少目立ちますが、とても適合がよく、
むし歯が再発しにくい素材と言われています。

銀歯

健康保険が適用できます。他の素材に比べ、むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

 

材料による違い3つの違い

かぶせものには、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1:美しさ
白くて自然な美しさ

小さなかぶせものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

違いその2:耐久性
使用可能年数の違い

かぶせものは、その精度や素材のかたさなどによって、使用できる年数に違いがでることもあります。 なかでも、ゴールドは丈夫さNo.1です。 また、 耐久性と美しさの両方を求められる方には、金属にセラミックを焼き付けたメタルセラミックもおすすめです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
☎︎ 045-988-0648
 
9:30~13:00
14:00~19:00

*土曜日は 9:30~13:00/14:00~17:00まで診療
*木曜・日曜・祝日は休診
*予約制 急患は随時対応します